ナッジ株式会社 統合型マーケティングコミュニケーション 広告 プロモーション企画 制作 ナッジ株式会社
ナッジ・ナリッジ NUDGE's Knowlege
 
Top
NUDGE's Knowledge
NUDGE's Value
Servise&Business Categories
Profile
Inquiry
 

答えです。

(問題のページへ)

 Aチームは、前もって目標の下に溝を掘り込んでおいたため、その効果を倍増することができたのです。
 
 
☆ここでいう模擬弾は、広告になぞらえることができます。
 
 
広告は、当演習同様、使い方を間違わなければ、影響力が大きいツールとなりえます。

しかしながら、
そのツールは決して安価ではありません。それゆえその効果をどれだけ高められるかは、非常に重要な課題となります。


 1回の影響力を、如何に倍増できるか。

 
施策の効果を高めたAチームが目標の下に穴を掘って事前準備をしたように、
プロモーションの効果を倍増させるには、「付帯の仕掛けをいかに的確に施すか」にかかっています。
※クロスメディアなどプロモーションを行うには、費用が莫大となってしまうことが多いため、「ラインアップ戦略や価格戦略」など、付帯する戦略を併せて行うことがお得なのです。

広告などのプロモーションは「印象を良くする、記憶に残す」ためには非常に有効ではありますが、購買行動の喚起に直接的に効果を上げるかといえば、それ単体ではやや疑問が残ります。

購買に関しては必ずしも消費者が的確かつ合理的な判断だけで買うモノではなく、錯覚や思い込みなどでなされることが、公式な研究の結果で明らかにされています。
錯覚や思い込みでの買い物をしてしまう傾向がある多くの消費者を、無駄なく捕まえること、そのためには広告やプロモーションの質の確保と併せ、周辺の事前準備が不可欠となるのです。


ナッジ株式会社は、

広告だけでの戦略(クロスメディアも含む)に留まらず、価格戦略、店頭戦略、ラインアップ戦略などによって、プロモーションの爆発力を活かしつつ、投下する費用を合理的かつ効率的な成果を上げるためのご提案ならびにお手伝いをさせていただきます。

 


なぜいいものなのに期待しているほど売れないのか、
一番性能のいい製品がなぜ一番売れるとは限らないのか。


 
 その答えは、消費者は、購買の際、完全に合理的にものの良し悪しを評価・判断して購入しているワケではないということです。※この研究分野はノーベル経済学賞も受賞し、現在は欧米でマーケティングのための不可欠な戦略材料とされているものです。

広告などのプロモーションは、イメージアップにはなっても直接的な売上アップにはなかなかつながらず、お金がかかるため、かなり余裕がないと手が回らない。と、考えていませんか。




ページトップへ


Top
NUDGE's Knowledge
NUDGE's Value
Servise&Business Categories
Profile
Inquiry
Copyright NUDGE All Rights Reserved